水素濃度 メディア

第三者機関で認められた溶存水素濃度

 

週刊文春が、太田教授と共に市販されている水素水の濃度を測った資料があります。

 

以下は、週刊誌に出た情報の切り抜きです。

 

溶存水素濃度7.0ppmは週間文春により濃度は実証済み

 

2013年2月28日号の週刊文春です。この時、アキュエラはまだ「水素水5.0」ということで最高濃度が5.0ppmでした。

 

この時に、太田教授が計測したら、溶存水素濃度が5.0ppm以上あったという証拠資料です。

 

今は、更に改良を加え7.0ppmになっていますので、今もう一度計測してくれたら7.0ppm以上を証明してくれると思います。

 

それにしても、水素水として売っておきながら、水素が入っていない商品もあるっていうことが驚きですね。

 

アキュエラなら、水素濃度を測れる判定試薬もついてきますから、安心して購入できます。

 

判定試薬だけでも、1,500円はしますから、最初のキットがどれだけお得であるかわかるでしょう。

 

試薬は、子供にさせてあげると喜びますよ。

 

うちの娘は実験好きだから、喜んで食いついてました!

 

アキュエラ公式サイト