高濃度 水素水 理由

水素素7.0が高濃度なのはその場で生成するから

 

水素水は、通常気圧常温では、1.6ppmが飽和値です。

 

これ以上高濃度な水素水はあり得ないことになります。

 

ですが、アキュエラは違います。

 

ペットボトル内に水素を充満させて気圧を上げているのです。

 

その気圧は最大で4気圧程度。

 

気圧を上げることにより、飽和値を上げて7.0ppmという高濃度を達成しているのです。

 

では、蓋を開けて通常気圧にすれば一気に1.6ppmまで下がるのではないか?と思いますよね。

 

私もそう思っていましたが、それが違うんです。

 

過飽和状態というのがあって、通常気圧になっても、急に濃度が下がることはないのです。

 

アキュエラの場合、1時間に約1ppm程度落ちていきます。

 

ですので、蓋を開けて1時間以内に飲み干せば、7ppm程度の高濃度の水素水を飲めるということになります。

 

凄いですね。

 

濃い水素水を飲めるということは、どういうことでしょうか。

 

少しの水素水でたくさんの水素を取り込めるということです。

 

水素水は、一気に飲む方が良いと言われています。一気に水素を取り込んだ方が良いということですね。

 

それは、水素が体中を駆け巡るからとかそういうわけではなくて、たくさん飲むと遺伝子に作用してくれるみたいなんです。

 

太田教授が言っていました。

 

遺伝子に作用して、体質を良い方に改善していってくれるのだとか。

 

アトピーの方にはぜひともアキュエラを飲んでもらいたい。

 

出来れば、短時間に全部飲み干してもらうのが一番だと思います。

 

私は、朝起きたらアキュエラ500cc飲んでます。

 

会社に行くまでに全部飲み切ります。

 

おかげで、睡眠不足でも元気でいられますし、足のむくむも和らぎました。

 

アキュエラさまさまですね。

 

アキュエラ公式サイト